庭

庭の雑草対策や立木の伐採をする前|苗木を植えてみたい方も必見

果樹の種類と違い

庭

自分の庭に木を植えたいけど、今から育てるには時間がかかり過ぎると思っている方も多いと思います。そんな方には苗木を購入することをお勧めします。今はガーデニングセンターなどに行かなくても、ネット通販で様々なものを選ぶができるので、気軽に苗木を買う人が増えているようです。最近では特に果実がなる落葉果樹や柑橘系の苗木などが人気のようです。最も育つ年数が早いのはアーモンドなどの果樹とされています。アーモンドは早ければ1年ほどで育成し、また料理などでも使えるので、とても人気の高い落葉果樹となっています。また、同じく早く育つ果樹としてあげられるのが梅の木です。アーモンドに比べると、育てにくいですが、漬物として使用したり梅酒にも使えることで人気の苗木となっています。さらに、プルーンやプラム、すももといった苗木も需要が高いといえます。これらは育てやすさに加え、スイーツやおやつとして食べることもできるので、多くの人が育成しています。落葉果樹の仲間である、落葉つる果樹の代表的な苗木といえば、ブドウです。ブドウには青ブドウや赤ブドウ、黒ブドウなどがありますが、育てやすさはそれぞれそんなに変わらないようです。落葉つる果樹には、つるがあるため誘引などの設置が必要になっています。しかし、プルーンやプラムといった果実より、さらに甘みがあり、またグレープジュースとして飲むこともできるため、購入する人も多いとされます。さらに、ミカンやゆずといった柑橘系の苗木も、酸味と甘味のバランスがとれているため、人気の苗木です。このように、それぞれ特徴をもった苗木が存在しているので、自分に合った苗木を見つけて育ててみましょう。